日本毛髪科学協会

当協会は、毛髪と皮膚についての正しい知識を広く一般の人々に理解していただくために、1966年5月、厚生大臣の認可により社団法人として設立されました。以来、会員の教育研修と一般の人々への普及啓発に努め、また、毛髪についての調査研究を行ってまいりましたが、2011年4月に内閣府認定を受け、公益社団法人に組織変更しています。

協会は正会員(個人会員)と賛助会員(団体会員)から成り立っています。
個人会員のほとんどは理容師、美容師、薬剤師、毛髪関係に携わる方で現在の個人会員数は1,600名、賛助会員は製薬会社や化粧品会社など80社です。
協会の本部事務局は東京都新宿区新宿にあり、支部は北海道、東北、東京、長野、東海、近畿、九州の7支部があります。
また、協会の役員は次のとおりです。

当協会では、毛髪と皮膚についての正しい知識を普及するために、一般市民への普及啓発、会員を対象にした教育研修、および毛髪と皮膚に関する調査研究を目的として、主に以下の事業を行っています。
毛髪相談と毛髪検査

当協会相談センターで毛髪相談を行っています。毛髪でお困りの方は、あらかじめ電話で予約してから協会においでください。専門職員が必要に応じて毛髪検査を行うなどして、ご相談にお答えします。ただし、治療は行いませんのでご承知おきください。
毛髪電話相談

電話により、毛髪と頭皮に関する相談に専門の職員がお答えします。受付は土・日曜日、祝日、年末年始を除き、毎日9:00~17:00です。 電話番号は03-6380-0822です。
毛髪Q&A

一般の方々に、毛髪や頭皮について正しい知識を持っていただくため、ホームページに「毛髪相談案内」と「Q&A」のページを設けています。
普及啓発/無料毛髪相談の開催

公の機関や業界団体などが開催する催しに参加して、一般市民を対象にした無料の毛髪相談を行います。
普及啓発/毛髪衛生月間

1977年以来、当協会は毎年10月20日を「頭髪の日」と定め、その1カ月を毛髪衛生月間として、一般市民に毛髪と頭皮についての正しい知識を普及するための活動を行っています。これには厚生労働省や東京都などの地方自治体の後援をいただき、街頭における無料毛髪相談、講演会、パンフレット配布などを、全国各支部の協力のもとに実施しています。
普及啓発/講演会や展示会への協力

また、毛髪や皮膚をテーマにする講演会への講師の派遣、展示会への毛髪写真などの資料提供といった協力を行っています。
会員の教育研修事業

全国セミナーや地域セミナーのほか、毛髪診断士講習会などの会員を対象とする資格認定講習会を行っています。 いずれも皮膚科専門医や専門技術者を講師に招いて毛髪、頭皮、香粧品等についての新しい高度な専門知識を会員に修得してもらい、その資質の向上を図っています。
調査研究

毛髪に関するいろいろな調査研究を行うほか、毛髪相談や毛髪検査の結果をもとに、一般市民の毛髪に関する悩みの傾向などを調べています。
パッチテストの実施

化粧品等の原材料及び製品の安全性をチェックするためのパッチテスト(ヒト皮膚一次刺激性試験)を行っています。 これは、賛助会員をはじめ一般の企業等から依頼を受けて行うもので、30余年の経験と実績をもとに、正確、迅速、秘密厳守をモットーに、信頼される報告の提出に努めています。 お問合せは、研究センター(電話03-6380-0823)にどうぞ。

お知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です