日本皮膚科学会

『日本皮膚科学会雑誌』の発行(1901年創刊)
年13回発行。全会員に配布しています。原著論文、学会抄録、会報等が掲載され、通年で約2,000ページに及ぶこの学会の会員誌です。

『The Journal of Dermatology』の発行(1974年創刊 欧文誌)
年12回発行。購読会員に配布します(購読料:年間1万円)
国内・外の原著論文等を掲載。編集には、14か国から40人の研究者が協力し、世界37か国の340か所で購読されています。

「皮膚科専門医」の資格の認定とその資格の更新
学会では、優れた皮膚科専門医の養成と、その生涯にわたる教育研修のため、この制度を設けています。
この認定は、学会の指定する研修施設で5年以上の臨床研修を行うなど、必要な要件を満たした会員について「試験」により行います。
この資格は、取得後5年ごとに更新されますが、その間には学会への出席や研究発表などによって自己研修を積み、専門医制度に定める基準単位を修得する必要があります。

「研修講習会」「生涯教育シンポジウム」などの開催
学会では、年9回、専門医を目指す会員のための「研修講習会」や専門医資格を更新する会員のための「生涯教育シンポジウム」などを開催しています。会員の研修の機会は、各支部や地方会、あるいは皮膚科関連の学会においても、数多く設けられています。

『総会』の開催
毎年1回、国内・外の会員が参集し、3日間の日程で学術講演、研究発表、シンポジウム、ワークショップなど多彩なプログラムを展開する「総会」が開催されます。
総会では、会員のための学会賞として「皆見省吾記念賞」や「日本皮膚科学会雑誌論文賞」が贈られ、その受賞者の記念講演もあります。

『学術大会』の開催
各支部において毎年1回、2日間の日程で、学術講演や研究発表などを行う「学術大会」が開催されます。

『地方会』の開催
全国各地において「地方会」が開催され、会員が身近なところで最新の学術情報などに接し、研修できるようになっています。

国際交流事業
定期的に「日韓合同皮膚科学会」「日中合同皮膚科学術会議」「日豪合同皮膚科学会」を開催するとともに、「世界皮膚科学会連合」や「国際研究皮膚科学会」等と連携して、広く国際的に研究交流・情報交換などを行っています。

国内連携事業
「日本医師会」「日本医学会」等の関係機関・団体とは常に密接に連携しています。また、「日本研究皮膚科学会」「日本臨床皮膚科医会」など多くの関連学会と連携・協力関係にあります。

『ひふの日』<毎年11月12日> には
ひふの日
日本臨床皮膚科医会と共催し、会員の協力によって全国各地で講演会、健康相談、無料検診などの事業を展開し、広く国民の皮膚疾患に関する正しい認識の啓発に努めています。

20世紀の軌跡
土肥慶蔵博士

日本皮膚科学会は、明治33年(1900年)12月、東京帝國大學教授土肥慶蔵博士の提唱により創立されました。翌34年(1901年)4月、第1回総会が開催され、この年、現在の『日本皮膚科学会雑誌』(初刊は「皮膚病學及泌尿器病學雑誌」)が創刊されています。爾来100年、この20世紀に、学会は、皮膚科の研究・教育と診療に真摯な努力を重ね、今日の皮膚科学の進展と皮膚科診療システムの形成等を図ってきました。この間には、湿疹、皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚悪性腫瘍などの診断・治療について多くの寄与をしてきたことはもとより、我が国におけるハンセン病や性感染症(梅毒等)などの治療と撲滅に多大な貢献をしています。

昭和49年(1974年)からは、国民生活に影響する難病対策のため、皮膚科医を中心として「研究班」を設け、強皮症・皮膚筋炎、皮膚結合組織疾患、自己免疫疾患、表皮水疱症、神経皮膚症候群など幅広い領域にわたる研究に取り組み、これらの診断基準・治療ガイドライン等を作成するなど、顕著な成果を挙げています。このような実績を踏まえ、昭和57年(1982年)には、東京において第16回「国際皮膚科学会」を開催し、我が国は他の先進諸国とともに、世界の皮膚科学会の中で主導的な役割を果たすようになってきました。現在、多くの会員が諸外国の皮膚科学会に参加しています。世界皮膚科学会連合と協力し、アフリカのタンザニアでの皮膚科医研修支援活動にも参加しています。JICAの活動による開発途上国の皮膚科医育成事業にも協力しています。更には、会員の中から欧米6か国の皮膚科専門学術雑誌11誌の編集委員を輩出するなど、会員の活動は、世界各地に広がってきました。また、一方では、「ひふの日」の事業にみられるように、広く国民に対して皮膚疾患に関する正しい認識の啓発に努める会員の活動も盛んです。このように、日本皮膚科学会は、国の内・外に”開かれた学会”となっています。

21世紀に向けて
21世紀、この学会の果たすべき役割は、ますます高まってくると考えられます。たとえば、地球的な規模で進んでいる生活環境の変化等に関連づけられる諸疾患の原因究明や医療体制の充実などが急がれます。わけても、今や多くの国民が関心を持つようになったアトピー性皮膚炎の診断に関しては、学会で治療ガイドラインを作成したところですが、加えて、新しい治療薬の開発等に国民の期待が集まっています。また、遺伝子レベルでの病態解明と治療の開発についても成果が積まれており、今後ますます発展することと考えられます。このような「時代の課題」はまだまだ多く、21世紀も、皮膚科学は人類の健康としあわせのため、たゆみなく進展し続けることでしょう。

https://www.dermatol.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です