国際抗老化再生医療学会

理事・設立趣旨書
本学会は、西洋医学のみに関わらずエビデンスのある東洋医学を積極的に取り入れた統合医療により「主に人体の構造・機能に種々の程度の損傷を与える老化現象について、これを診断、軽減、修復、予防する方策を主に臨床医学的に、研究・調査・追求し、抗老化医学研究および正しい医療の開発、推進、発展に国際的に寄与すること」を目的とします。
統合医療及びアンチエイジンング医学(以下「抗老化医学」と略)の健全な進歩、発展及び育成を図ると共に人類の健康増進と福祉の向上に寄与することを目指し、特にこの分野における国外先進医学の日本への導入、検証、及び日本で育まれ、確立された 優れた抗老化医学関連技術を海外に紹介する事など国外との交流を深め、引いては国内及び国際貢献することにあります。
抗老化医学は遺伝子診断等の先端診断技術も駆使した積極的予防医学の側面と再生医療など先端治療医学の面を有しながらも、人間性回復(癒し)にも重点を置き、全ての医学・補完代替医学・栄養・運動・環境・心理・美容等多くの健康関連分野そしてそれらを遂行する為の医療ビジネス分野をも含めた実に幅の広い統合医療といえます。
私共は、それらを踏まえ、更に先端医療としての倫理面や安全性も吟味しながら、国内外の専門各分野の学会や関連団体とも密接な連携・提携を行い、安全・効果的に実践で得る治療者(臨床医)育成、施術(セラピストや実践指導者)育成や優良な補助食品等の研究開発と推奨をも行い、将来的には海外への臨床/実地研修、海外からの研修生受け入れなども目指し、世界標準の治療を確立、人類そして地球の幸せに少しでも貢献できればと考えます。

以上の趣旨に御理解と賛同を賜り、広く個人・法人の御参加を願うものであります。

理事長 松山 淳

松山 淳(Jun Matsuyama,M.D.,PhD,MBA,CPT-NASM,ABLM)生年月日:昭和33年6月13日生
【 現職 】
Scientific Advisery Board,American Academy of Anti-Aging Medicine(A4M)
Chief,Anti-Aging medicine,Athena Clinics Internetiopnal(USA)
President & CMO,A4M Japan & Hawaii Medical management Inc.(USA)
Medical Advisory Board,Atopy Care Hawaii,LLC.(USA)
Scientific Advisery Board,Korean Academy of Aesthetic Surgery & Medicine
(広域)医療法人社団松寿会 理事長 グループ統括院長(指導医・学術、治験評価各委員会委員長)/日本オルソメレキュラー医学会理事/日本メディカルスパ学会会長/日本点滴療法研究会役員(ボードメンバー)/日本臨床医学発毛協会会長/IHATA(社)国際ホリスティックセラピー協会理事/(社)日本臨床再生医療学会理事(就任予定)
【 専門分野 】
臨床抗老化医学(アンチエイジングメディシン)・統合医療学・病理学
【 その他所属学会/認定医など 】
日本温泉気候物理医学会(認定医)/日本美容外科学会(認定医)/日本旅行医学会(認定医)/日本癌学会/日本再生医療学会/日本更年期医学会/日本東洋医学会/日本肥満学会/日本小児皮膚科学会/日本皮膚外科学会/日本性機能学会/日本性感染症学会(ICD:認定感染症コントロールドクター)/日本医師会(認定産業医・スポーツ医)/日本体育協会(認定スポーツドクター)/日本臨床スポーツ医学会/日本糖尿病協会登録医/厚生労働省解剖資格認定(病理)/緩和ケア登録医/点滴療法研究会(認定医)/群馬県温泉協会会員/群馬県教育委員会嘱託産業医/警視庁嘱託医・法務省嘱託技官(医務官)他、複数の企業やクリニック顧問を併任。

http://waarm.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です